映像に関して勉強しよう

>

役立つスキルを習得しよう

独学でも習得できる

映像制作の世界に進むためには、学校で勉強する必要があると思っている人が見られます。
しかし独学でも学べることはたくさんあり、必ずしも学校を出なければいけないわけではありません。
ですからまずは、自分でできる範囲のことから勉強しましょう。
ただ動画作りの基本的なスキルを持っていなければ活躍できないことは確かなので、実際に動画を作りましょう。

すると動画の構成方法や作業の流れ、気を付けるポイントやソフトの使い方などを学べます。
これらは参考書やネットの記事で調べるだけでは、理解できないことです。
体験することが最も大きな勉強になるので、何でも良いので動画を作ってください。
そして完成したら、他人に見てもらいましょう。

アピールポイントを増やそう

実際に映像制作の会社に入る前に、面接を受けます。
その時に自分のスキルをアピールできるように、動画をたくさん作っておきましょう。
するとこれまでに何の動画を作ったのか、さらに得意なジャンル、使っているソフトなどを紹介できます。
そして自分には基本的なスキルがあることが伝わり、即戦力になると会社は判断してくれるはずです。

他の人より秀でていることが伝わると、無事に採用されるでしょう。
ですから事前に、映像制作について独学で良いので、勉強しておくのが良い方法です。
映像制作の世界に入ってからは応用した知識を学ぶ機会が多く、それは基本的な知識を理解していなければわかりません。
その結果、周囲についていけなくなってしまいます。


この記事をシェアする

このページのトップへ